患者さんの“笑顔・希望にあふれた未来”がここからはじまります。

患者さんの“笑顔・希望にあふれた未来”がここからはじまります。

NEWS!
【TOKYO MXで当院が紹介されました。】
“Doctors eye”という医療番組で当院のリウマチへの取組みが紹介されました。
番組前半:湯川リウマチ内科クリニック院長 湯川宗之助先生
番組後半:順天堂大学医学部心臓血管外科教授 天野篤 先生

■放送局:TOKYO MX (9ch)
■放送日:2016年8月13日(土) 21:30~
■番組名:【Doctors eye】

リウマチは不治の病から治癒を目指せる病気へ

私が研修医時代のリウマチ治療は、関節破壊を完全に抑えることは出来ず、不治の病患ったら一生治らないというイメージを拭えないものでした。しかし、近年の医療の進歩により、リウマチの診断、治療は目覚ましく発展し、専門医による適切な治療を開始することにより、治療すれば治る病気に変わりつつあります。この現実を、多くの患者さんにお伝えし、痛みとともに送る将来ではなく、患者さんが持つ無限の可能性を守りたいというのが私の信念です。
リウマチを患う患者さんは全国に約80万人存在するといわれておりますが、より多くの患者さんにお伝えし、実践することで、それぞれの明るい未来を目指して頂きたいと思います。
スタッフ一同、患者さんの“希望”“笑顔”“無限の可能性”を得るために一緒に努力してまいります。

この様なお悩みをお持ちの方へ

  • 寛解に到達していない方(痛みや腫れが残っている方)
  • 妊娠希望の方(女性)
  • 十分納得いく説明を受けられていない方
  • 安心した医療と感じていない方
  • 今の治療法に納得のいっていない方
  • 様々な医療機関で原因がはっきりしない、関節症状でお困りの方
  • クリニックでリウマチの先進医療を受けたい方(治験含む)
  • 様々な治療法を選択したい方

リウマチの発症早期から罹病歴が長い方、年齢・性別問わずお問合せください。

生物学的製剤の一覧表

当院では全ての診療時間で、
全ての生物学的製剤を受けることが出来ます。

診療内容

当院は難病医療費助成指定医・指定医療機関です。

リウマチ・膠原病・自己免疫性疾患(対象となる疾患)

リウマチ疾患をお持ちの方で、風邪・熱、頭痛、腹痛などの症状がある場合でも拝見しますので、お気軽にご来院下さい。

  • 関節リウマチ
  • リウマチ性多発筋痛症
  • 全身性エリテマトーデス(※)
  • 多発性筋炎(※)
  • 皮膚筋炎(※)
  • 混合性結合組織病(※)
  • シェーグレン症候群(※)
  • ベーチェット病(※)
  • 脊椎関節炎(乾癬性関節炎など)
  • サイコイドーシス(※)
  • 線維筋痛症
  • 悪性関節リウマチ (※)
  • 結節性多発動脈炎 (※)
  • 顕微鏡的多発血管炎 (※)
  • 成人スチル病 (※)
  • 全身性強皮症(※)
  • 高安動脈炎 (※)
  • 多発血管炎性肉芽腫症(※)
  • (※)指定難病

内科(対象となる疾患)

急性疾患(お子様も診察致します。)

風邪、上気道炎、気管支炎、尿路感染症、インフルエンザ、花粉症、頭痛・発熱・アレルギーなど

慢性疾患

生活習慣病(高血圧症、高脂血症、糖尿病、高尿酸血症・痛風、肥満・メタボリック症候群など)喘息、逆流性食道炎、胃炎

リウマチチェッカー(ひとつでもあれば受診してください)

転んだ、ぶつけたなどの明らかな原因がはっきりしない関節痛(関節の痛み・腫れ・違和感)が続く時は、早めに受診してください。

  • 手のこわばりが気になる
  • どことなく気分がすぐれない
  • 体がだるい
  • 微熱が続く
  • 食欲がない
  • 体重の減少
  • 貧血気味
  • 朝食を作るとき動作に違和感を感じる
  • 歯ブラシが使いにくい
  • お箸が上手に使えない
  • ドアノブが回しにくい
  • 家のカギが開けにくい
  • 靴ひもが結びにくい
  • ハサミが使いづらい
  • ホチキスが使いづらい
  • パソコン入力がしづらい
  • ペットボトルを開けづらい
  • 電車のつり革を持つ手に違和感がある
  • パジャマのボタンが外しにくい
  • TVのリモコンが押しにくい

一つでも項目があてはまれば、早期リウマチかもしれませんので早めの受診をおすすめします。

お知らせ

2016.11.28
院内にクリスマスの飾り付けを行いました。院内のいろいろな箇所にクリスマスの飾りがありますので、探してみてください。
>院内の様子はこちら
2016.11.21
【リウマチ市民公開講座 in 小平】
>応募方法はこちらをご確認下さい。

日時:2016.12.17(土) 15:00~16:30
会場:嘉悦大学「カエツホール」

■特別講演(15:00~16:00)
Clinical Question 『クローズアップ関節炎~関節リウマチと乾癬性関節炎について~』
座長:杉井 章二 先生 東京都立 多摩総合医療センター リウマチ膠原病科 部長
演者:田中 良哉 先生 産業医科大学医学部 第1内科学講座 教授、湯川リウマチ内科クリニック 顧問

■質問セッション(16:00~16:30)
Clinical Question 『なるほど納得! 聞いて分かった! 関節炎Q&A』
関節炎のさまざまな疑問を先生方に答えていただきます

■市民公開講座お問い合わせ
「リウマチ市民公開講座 in 小平」事務局
[受付時間:10:00~17:00/月~金(土日祝日は除く)]
TEL:03-5940-2633
FAX:03-3942-6396
2016.11.21
【田中良哉教授のご診療】
産業医科大学医学部 第1内科学講座 教授 田中 良哉先生
2016年12月17日(土)11:00-13:00

昨年12月26日(金)、当院で1回目のご診療を頂きましたが、今年も当院にて、田中良哉教授のご診療を受けることができます。
ACR、EULAR、JCRでご活躍され、膠原病・リウマチ性疾患の世界的権威の田中良哉先生のご診療を昨年に引き続き当院で行って頂けることは、この地域の方々にとって、かけがえのないX'masプレゼントとなり、多くの希望となるものと考えております。
2016.11.19
【リウマチ診療における地域完結型医療連携を実現するために】
●杏林大学医学部附属病院 第一内科学講座(腎・リウマチ・膠原病内科) 教授 有村義宏先生
●杏林大学医学部附属病院 第一内科学講座(腎・リウマチ・膠原病内科) 軽部美穂先生
●青梅市立総合病院 リウマチ・膠原病科 部長 長坂憲治先生
●きくち整形外科 院長 菊池淑人先生
●湯川リウマチ内科クリニック 院長 湯川宗之助先生

大学病院、基幹病院、かかりつけ医、リウマチ専門クリニック、それぞれの立場から、患者さんを中心とした医療連携を強化・構築していくために、ミーティングに参加させて頂きました。

多摩・武蔵野地域の医療連携の輪が強化されるためにリウマチ専門クリニックがやらなければならないことを今後も行っていきたいと思います!!
2016.11.15
【RA Clinical Symposium RA診療におけるClinical Questionを考察する】
日時:2016.11.19(土) 17:00~19:30
会場:ザ・プリンス パークタワー東京B2F「コンベンションホール」
東京都港区芝公園4-8-1  TEL:03-5400-1111

Session 1
Clinical Question 『寛解導入と寛解維持について』
座長:小池 達也 先生 白浜医療福祉財団骨リウマチ疾患探索研究所(SINBAD)
大阪市立大学大学院医学研究科高齢運動器変性疾患制御講座(CSDD)
パネリスト:
角田 慎一郎 先生 住友病院 膠原病・リウマチ内科
土橋 浩章 先生 香川大学医学部 血液・免疫・呼吸器内科学
坪井 雅彦 先生 ながさき内科・リウマチ科病院
多田 昌弘 先生 地方独立行政法人 大阪市民病院機構 大阪市立総合医療センター 整形外科

Session 2
Clinical Question 『certolizumab pegolについて』
座長:松原 司 先生 松原メイフラワー病院
パネリスト:
角田 慎一郎 先生 住友病院 膠原病・リウマチ内科
土橋 浩章 先生 香川大学医学部 血液・免疫・呼吸器内科学
坪井 雅彦 先生 ながさき内科・リウマチ科病院
多田 昌弘 先生 地方独立行政法人 大阪市民病院機構 大阪市立総合医療センター 整形外科

Mini Lecture 『実臨床におけるシムジアの価値とは』
座長:松原 司 先生 松原メイフラワー病院
演者:田中 良哉 先生 産業医科大学医学部第1内科学講座

2016.11.15
【学術講演会~カルニチン欠乏を考える~】
日時:2016年11月15日(火) 20:00~21:10
場所:三鷹産業プラザ7F 705
東京都三鷹市下連雀3-38-4 TEL:0422-40-9911

座長:加藤整形外科医院院長 加藤謙二先生
講演1:20分
『リウマチ・膠原病患者での倦怠感とカルニチンの使用経験』
演者:湯川リウマチ内科クリニック院長 湯川宗之助先生

講演2:30分
『カルニチンの作用機序と当院での使用経験~こむら返りを中心に~』
演者:武蔵野赤十字病院消化器科副部長 中西裕之先生

ディスカッション:20分
司会:くまざわ整形外科クリニック院長 熊澤祐輔先生
『カルニチンの今後の使い方』
2016.11.14
【The Japan Times紙】
リウマチ診療の医療連携、啓発活動が評価され、The Japan Times紙が選ぶ、次世代のアジアのリーダー100名「100Next-Era Leaders IN ASIA 2016-2017」に昨年に引き続き選出されました。
11月20日The Japan Times紙に掲載されました。
今後もリウマチ診療の地域格差ゼロ、医療機関ゼロを目指し、医療連携・啓発活動に取り組んでいきたいと思います!!
> WEB上の記事はこちらからご覧いただけます。
2016.11.05
【湯川尚一郎先生の診療】
11月4日(金) 9:00-12:00 和歌山県立医科大学附属病院リウマチ・膠原病科講師 湯川尚一郎先生の当院2回目のご診療を頂きました。
さらに、12:30-13:30 "膠原病の基礎知識~免疫のしくみと治療薬について~"について、全スタッフに対し院内講演会を頂きました。
ご講演内容は、
①免疫とは
②正常免疫と自己免疫疾患について
③膠原病とは?
④膠原病と自己免疫疾患について
⑤膠原病の治療薬について
⑥今後の膠原病治療薬について
ととても充実した内容のものでした。

全スタッフは目を輝かせて、最先端で関節リウマチ・膠原病診療を行っていらっしゃる湯川先生のご講演を聴き、そして、日々のさまざまな疑問点について、質問しておりました。
お忙しい中、湯川先生は、その一つ一つに丁寧にお答えくださり、全スタッフ一同とても感銘を受け、本日午後からの診療に役に立てておりました!!
これからも湯川先生の当院でのご診療および院内講演会を行って頂く予定となっております。
診療日については、今後お知らせして参ります。
2016.10.18
【第5回 RAとIL-6研究会】
「第5回 RAとIL-6研究会」に参加して参りました。
関節リウマチ、IL-6の最新知見を数々のリウマチ・膠原病の名医の先生方から学ばせて頂きました!!
最新知見をこれからの診療に還元していきたいと思います。

・日時:2016年10月15日(土) 15:00~18:20
・場所:
グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール3階「崑崙」
(〒108-8612 東京都港区高輪3-13-1 TEL:03-3442-1111)


Opening Remarks 15:00 - 15:10
岸本 忠三 先生(大阪大学免疫学フロンティア研究センター免疫機能統御学 教授)

Session1 基 礎 15:10 - 16:05
座長:三森 経世 先生(京都大学大学院医学研究科臨床免疫学 教授)
座長:田中 良哉 先生(産業医科大学医学部第1内科学講座 教授)

1 関節リウマチにおける自己抗体産生および疾患活動性に与えるTocilizumabの影響
演者:保田 晋助 先生(北海道大学大学院医学研究科 免疫・代謝内科学分野 准教授)

2 IL-6レセプター阻害によるリンパ球サブセットへの作用
演者:山本 一彦 先生(東京大学大学院医学系研究科アレルギー・リウマチ学 教授)

3 RAにおける骨破壊の機序とIL-6レセプター阻害の作用点
演者:石井 優 先生(大阪大学大学院医学系研究科/生命機能研究科免疫細胞生物学 教授)

Session2 臨 床 1 16:20 - 17:20
座長:渥美 達也 先生(北海道大学大学院医学研究科免疫・代謝内科学分野 教授)
座長:熊ノ郷 淳 先生(大阪大学大学院医学系研究科呼吸器・免疫アレルギー内科学 教授)

4 RA治療における呼吸器感染症のマネジメント
演者:徳田 均 先生(JCHO東京山手メディカルセンター 呼吸器内科 常勤顧問)

5 IORRAから見たRA治療最適化を探る
演者:山中 寿 先生(東京女子医科大学附属膠原病リウマチ痛風センター 所長)

6 アクテムラ皮下注使用成績調査最終結果について
演者:山岡 邦宏 先生(慶應義塾大学医学部 リウマチ内科 准教授)

Session3 臨 床 2 17:35 - 18:10
座長:石黒 直樹 先生(名古屋大学大学院医学系研究科 整形外科学 教授)
座長:西本 憲弘 先生(大阪リウマチ・膠原病クリニック院長/東京医科大学医学総合研究所難病分子制御学部門兼任教授)

7 bDMARDs時代におけるcsDMARDsの使用法
演者:伊藤 聡 先生(新潟県立リウマチセンター 副院長)

8 SURPRISE StudyとEULAR Recommendationを考える
演者:竹内 勤 先生(慶應義塾大学医学部 リウマチ内科 教授)

Closing Remarks 18:10 - 18:20
髙崎 芳成 先生(順天堂大学医学部附属順天堂越谷病院 院長)
2016.10.18
【企業インフルエンザ予防接種を承ります】
季節性インフルエンザ罹患は、働く方々および会社にとって大きな損失です。そのような背景の中、全職員への予防接種を促す企業が増えており、某企業さま2社より、120名、100名のインフルエンザ予防接種を承りました。
当院スタッフとともに、会社にて全職員さまに接種致しました。
企業インフルエンザ予防接種をお考えの企業さまは、お気軽にご相談ください。
2016.10.03
【リウマチ治療を考える~地域連携を最大限にするために~】
「リウマチ治療を考える~地域連携を最大限にするために~」に参加して参りました。

・日時:2016年9月27日(火)19:30-21:00

座長:杉井章二先生(東京都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病科 部長)

講演1 『東京都立多摩総合医療センターリウマチ膠原病科の現状と今後』
演者:島田浩太先生(東京都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病科 医長)

講演2 『リウマチ性疾患の最新治療を考える』
演者:山岡邦宏先生(慶應義塾大学病院 リウマチ内科 准教授)

慶應義塾大学病院リウマチ内科、東京都立多摩総合医療センターリウマチ膠原病科および近隣の先生方と患者さんを中心とした今後の医療連携について、さまざまにお話させて頂きました。
今後も多摩・武蔵野地域および都内の医療連携に微力ながら尽力していきたいと思います!!
2016.10.03
【ORENCIA SUMMIT in 2016-Like no other-】
「ORENCIA SUMMIT in 2016-Like no other-」に参加して参りました。

・日時:2016年9月25日(日)10:00-12:10
・場所:グランドプリンスホテル新高輪(品川)

Opening Remarks
田中良哉先生 産業医科大学医学部第一内科学講座 教授

講演① An Overview of Abatacept
座長:桑名正隆先生 日本医科大学大学院医学研究科アレルギー膠原病内科学分野 教授
演者:川人豊先生 京都府立医科大学大学院医学研究科免疫内科学 病院教授

講演② ACPA陽性RAの病態の特徴とアバタセプトの作用
座長:上坂等先生 東京医科歯科大学大学院医学総合研究科膠原病・リウマチ内科 教授
演者:橋本求先生 京都大学大学院医学研究科リウマチ性疾患制御学講座 特定助教

講演③ Value of ultrasonography sa a marker of early response to abatacept
座長:川上純先生 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科先進予防医学講座リウマチ・膠原病内科学分野 教授
演者:Prof. Maria-Antonietta D'Agostino Service de Rheumatologle, APHP, Hopltal Pare, Boulogne-Billancourt, France

講演④ Like no other: Abatacept modulates Tfh-centered abnormality in RA patients
座長:三森経世先生 京都大学大学院医学研究科内科学講座臨床免疫学 教授
演者:田中良哉先生 産業医科大学医学部第一内科学講座 教授

Closing Remarks
三森経世先生 京都大学大学院医学研究科内科学講座臨床免疫学 教授
2016.10.03
【高齢者インフルエンザ予防接種】
接種を希望するかたに、費用の一部が公費負担されます。

[実施期間]
平成28年10月1日(土曜日)から平成29年1月31日(火曜日)まで
(小金井市での接種は、10月15日から12月28日までです。)

[対象者]
1.接種日現在65歳以上の市民のかた
2.60歳以上65歳未満の市民のかたで、心臓・じん臓・呼吸器に自己の身辺の日常生活活動が極度に制限される程度の障害のあるかたおよび、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度(身体障害者手帳1級相当)の障害のあるかた

[接種方法]
お電話か直接ご来院頂き、ご予約をお願いいたします。
三鷹市・小金井市・杉並区・練馬区にお住まいの方でも公費負担にて接種することができます。
(杉並区・練馬区での接種を希望するかたは、区役所健康課で発行する予診票が必要になります。)

[自己負担額]
2,500円(生活保護受給世帯の方は、全額免除)
2016.08.03
【TOKYO MX】
“Doctors eye”という医療番組で当院のリウマチへの取組みが紹介されます。
・番組前半:湯川リウマチ内科クリニック院長 湯川宗之助先生
・番組後半:順天堂大学医学部心臓血管外科 教授 天野篤 先生

■放送局:TOKYO MX (9ch)
■放送日:2016年8月13日(土) 21:30~
■番組名:【Doctors eye】
2016.08.01
【The Japan Times紙】
The Japan Times紙が選ぶ、次世代のアジアのリーダー100名「100Next-Era Leaders IN ASIA 2016-2017」に昨年に引き続き選出されました。
紙面への掲載は11月を予定しているそうですが、先行して8/1よりWebにて掲載されます。
>記事はこちらからご覧いただけます。
2016.07.28
【第6回西東京関節リウマチセミナー】
第6回西東京関節リウマチセミナーで『地域医療連携によるリウマチクリニックの可能性』についてお話させて頂きます。

[第6回西東京関節リウマチセミナー]
・日時:2016年7月30日(土) 15:00~16:50
・場所:吉祥寺第一ホテル7階「若草」

●Opening Remarks
有村義宏先生(杏林大学 第一内科学教室 腎臓・リウマチ膠原病内科 教授)

●一般講演
座長:高村聡人先生(武蔵野赤十字病院 膠原病・リウマチ内科 部長)

『地域医療連携によるリウマチクリニックの可能性』
湯川宗之助先生(湯川リウマチ内科クリニック 院長)

『リウマトイド胸膜炎を合併した関節リウマチ』
三好雄二先生(東京都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病科)

●特別講演
座長:駒形嘉紀先生 (杏林大学 第一内科学教室 腎臓・リウマチ膠原病内科 准教授)

『Non-TNF製剤アバタセプトのBest Use』
川人豊先生(京都府立医科大学大学院医学系研究科 免疫内科学 病院教授)

●Closing Remarks
有村義宏先生(杏林大学 第一内科学教室 腎臓・リウマチ膠原病内科 教授)
2016.07.20
【夏季休診のお知らせ】
8月22日(月)~27日(土)まで休診とさせていただきます。
当院では、受付事務・看護師・薬剤師が正社員として多く働いております。
医療スタッフ全員に夏季リフレッシュ休暇を取らせて頂き、医療の質を落とすことなく引き続き診療していきたいと考えております。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
2016.07.20
【山岡邦宏先生の診療】
特任客員医師:慶応義塾大学病院リウマチ内科准教授 山岡邦宏先生の当院での診療。
来月は、8月9日(火)9:00~11:00の診療予定となっております。
はじめての方も、ご紹介状をお持ちの方も、お電話でのご予約承ります。
山岡先生の診療は、基本毎月第三火曜日を予定しております。
2016.07.06
【第一回リウマチ診療地域連携懇話会】
2016年6月21日(火)19:45~21:00 吉祥寺第一ホテルにて、第一回リウマチ診療地域連携懇話会が行われました。
>リウマチ診療地域連携懇話会(PDF)

加藤整形外科医院院長 加藤謙二先生に座長を賜り、~最新のリウマチ治療と地域連携~について、お話させて頂きました。
近隣の先生方との連携を図ることは、患者さんを中心とした地域医療連携には大変重要であり、今後も継続させて頂きます。
2016.06.01
6月1日より武蔵野市特定健康診査・後期高齢者医療健康診査・集合契約による特定健康診・胃がんハイリスク検査が始まりました。当院でも実施可能ですので、お電話でのご予約承ります。
>詳しくは武蔵野市ホームページをご確認ください。
2016.05.16
【頼れるドクター武蔵野・多摩・八王子】
昨年に引き続き(2015-2016年版)、当クリニックが頼れるドクター"武蔵野・多摩・八王子"2016-2017年版より"関節リウマチ診療、診療モットー、関節リウマチ啓蒙、地域医療の限界を超えていきたい、人を尊重したクリニック作り"などの取材を受け、掲載されます。
5/27(金)書店にて発売予定です。
ご興味のある方は、ぜひご一読ください。
2016.05.06
5月6日(金) 9:00-12:00 和歌山県立医科大学附属病院リウマチ・膠原病科講師 湯川尚一郎先生の当院初めてのご診療を頂きました。
さらに、12:30-13:30 "関節リウマチ診療の温故知新・最新事情"について、全スタッフに対し院内講演会を頂きました。
ご講演内容は、
①関節リウマチについて
②関節リウマチの治療薬の推移(メトトレキサート使用前までの治療薬→生物学的製剤の登場)
③関節リウマチの診断方法の推移(早期診断を行う重要性)
④患者さんを中心とした関節リウマチ医療(明確な治療目標を設定し、その達成に向けた医療の実現(Treat to Target))
⑤寛解の先にあるもの

ととても充実した内容のものでした。

全スタッフは目を輝かせて、最先端で関節リウマチ・膠原病診療を行っていらっしゃる湯川先生のご講演を聴き、そして、日々のさまざまな疑問点について、質問しておりました。
お忙しい中、湯川先生は、その一つ一つに丁寧にお答えくださり、全スタッフ一同とても感銘を受け、本日午後からの診療に役に立てておりました!!
これからも湯川先生の当院でのご診療および院内講演会を行って頂く予定となっております。
診療日については、今後お知らせして参ります。
2016.05.03
【PROISM(プロイズム)】
リウマチ専門医として、現在の最新リウマチ診療、リウマチの方々や市民の方々への正しいリウマチの知識を知って頂きたいという信念よりPROISM(プロイズム)より取材を受けました。
取材場所は、桜が満開の井の頭公園でした。
お話しした内容は「リウマチ専門医へと進んだきっかけ」「正しいリウマチ医療の啓蒙に対する想い」です。
>プロの生き様から学ぶインタビューメディア PROISM
2016.05.01
当クリニックは、全力で地域の皆様にリウマチ治療の貢献をしたいと考え、顧問と特任客員医師をお迎えしています。
リウマチ治療の第一線でご活躍されている先生方の先端専門診療を当院で受けることができます。
●顧問:産業医科大学医学部第1内科学講座教授 田中良哉先生
(次回未定)2015年12月25日(金)16:00-18:00
●特任客員医師:慶応義塾大学病院リウマチ内科 准教授 山岡邦宏先生
毎月第三火曜日9:00-11:00
●特任客員医師:和歌山県立医科大学附属病院 リウマチ・膠原病科 講師 湯川尚一郎先生
2016年5月6日(金)9:00-12:00

はじめての方も、ご紹介状をお持ちの方も、お電話でのご予約承ります。
2016.04.21
【嘱託産業医施設】
当院は、下記施設の産業医を行っております。
産業医嘱託をご希望の場合はご相談に応じます。詳細はお問い合わせください。
>企業の方へ-産業医嘱託-

[嘱託産業医施設一覧]
井の頭自然文化園
社会福祉法人にじの会
株式会社エムズライン
武蔵境コスモ保育園
チャイルドホーム武蔵境
エムズナーサーリーひだまりルーム武蔵境
2016.04.18
【難病医療費助成指定医・指定医療機関】
当院は、難病医療費助成指定医・指定医療機関です。
>難病情報センター

[当院で診療している難病疾患表]
・IgG4関連疾患 (指定難病300)
・悪性関節リウマチ (指定難病46)
・潰瘍性大腸炎 (指定難病97)
・強直性脊椎炎(指定難病271)
・巨細胞性動脈炎(指定難病41)
・クローン病 (指定難病96)
・結節性多発動脈炎 (指定難病42)
・血栓性血小板減少性紫斑病 (指定難病64)
・原発性硬化性胆管炎 (指定難病94)
・原発性抗リン脂質抗体症候群 (指定難病48)
・原発性胆汁性肝硬変 (指定難病93)
・顕微鏡的多発血管炎 (指定難病43)
・好酸球性多発血管炎性肉芽腫症(指定難病45)
・抗糸球体基底膜腎炎 (指定難病221)
・混合性結合組織病(指定難病52)
・再発性多発軟骨炎(指定難病55)
・サルコイドーシス (指定難病84)
・シェーグレン症候群 (指定難病53)
・自己免疫性肝炎(指定難病95)
・成人スチル病 (指定難病54)
・全身型若年性特発性関節炎(指定難病107)
・全身性アミロイドーシス(指定難病28)
・全身性エリテマトーデス (指定難病49)
・全身性強皮症(指定難病51)
・高安動脈炎 (指定難病40)
・多発血管炎性肉芽腫症(指定難病44)
・TNF受容体関連周期性症候群(指定難病108)
・特発性血小板減少性紫斑病(指定難病63)
・特発性大腿骨頭壊死症(指定難病71)
・皮膚筋炎/多発性筋炎(指定難病50)
・ベーチェット病(指定難病56)
・慢性炎症性脱髄性多発神経炎/多巣性運動ニューロパチー(指定難病14)

当院への受診や臨床調査個人票更新手続きなどご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。
2016.04.07
【日本経済新聞 日経BizGate"私の道しるべ"】
日本経済新聞 日経BizGate"私の道しるべ"~未来の日本へ リーダーたちのメッセージ~より取材を受けました。
>日経BizGate "私の道しるべ" TOP 
>院長 湯川宗之助の記事ページはこちら
2016.04.01
【武蔵野市若年層健康診査】
4月1日(金)から武蔵野市若年層健康診査が始まりました。
お電話でのご予約を承ります。TEL:0422-31-1155
●対象:昭和52年4月1日から昭和62年3月31日生まれの武蔵野市市民
(平成28年度中に30歳から39歳になる武蔵野市市民で、勤務先等において他に受ける機会がない方)
●内容:問診、身体計測、血圧、尿、血液、胸部X線などの各検査
●実施期間:平成28年4月1日(金)から5月31日(金)まで
詳しくは武蔵野市ホームページをご確認ください。
2016.03.11
花粉症の季節になりました。くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみ等の症状があればご相談ください。内服薬、点鼻薬、点眼薬を組み合わせて処方いたします。
>花粉症(アレルギー性鼻炎)について
>花粉症(アレルギー性結膜炎)について
2016.03.09
3月9日(水)pm17:00-22:00 武蔵野市医師会地域医療連携の一環として、武蔵野赤十字病院で夜間診療を行って参りました。
今後も積極的に参加して参ります。
2016.03.07
某企業様より16名での企業健診を承りました。
今回、企業様のご要望で胃がんハイリスク検査(ABC分類)をお入れいたしました。
健診内容・費用については、ご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
2016.02.29
【リウマチ看護セミナーin武蔵野
2016年3月11日(金)19:30~20:30 中外製薬 三鷹オフィスにて、『リウマチ看護セミナーin武蔵野』を開催致します。
院長:湯川宗之助が司会を致します。詳細はこちらをご覧ください。
2015.11.30
【リウマチ市民公開講座in府中】
2015年12月26日(土)pm15:00-16:30ルミエール府中にて、『リウマチ市民公開講座in府中』が開催されます。
●15:00-16:00 特別講演『リウマチの新しい治療~楽しく、普通に生活するために~』
座長:東京都立多摩総合医療センター リウマチ膠原病科 部長 杉井章二先生
産業医科大学医学部第一内科学講座 教授
湯川リウマチ内科クリニック 顧問 田中 良哉先生
●16:00-16:30 トークセッション 『叶和貴子さんと先生によるトークセッション』
司会:桜井 恵麻氏
女優:叶 和貴子

詳細はこちらをご覧ください。

ご興味のある方は、また参加ご希望の方は、
株式会社サンプラネットMCV事業本部「リウマチ市民公開講座in府中」事務局
Tel.03-5940-2624 Fax. 03-3942-6396
までお問い合わせ下さい。
2015.11.16
【リウマチセミナーin多摩】
11月17日(火)に行われるリウマチセミナーin多摩に参加させていただきます。
慶応大学准教授 山岡邦宏先生、多摩総合医療センター部長 杉井章二先生、武蔵野赤十字副部長 高村聡人先生とご一緒させていただきます。
セミナー詳細についてはこちらからご確認ください。
2015.10.30
【The Japan Times紙】
The Japan Times紙(ジャパンタイムズ紙)よりThe Professionalsとして取材を受けました。
記事はこちらからご覧いただけます。
2015.09.29
【第6回多摩ウィメンズ研究】
2015年10月1日(木)開催の第6回多摩ウィメンズ研究で講演させていただくことになりました。詳しくはこちらでご確認ください。
2015.09.07
リウマチチャンネルに新しい動画を追加致しました。
2015.08.14
【東京MX:スーパードクター】
テレビ番組にて、リウマチについてのお話しをさせて頂く事になりました。
お時間ありましたら、ご覧ください。
■放送局:東京MX
■放送日:2015年9月7日(月) 21:55~
■番組名:【スーパードクター】
■サブタイトル:意外と知らないリウマチ~最先端の治療法~
2015.08.12
【山岡邦宏先生の診療】
8月11日(火)9:00~11:00
特任客員医師 慶応義塾大学病院リウマチ内科准教授 山岡邦宏先生
当院での4回目の診療を頂きました。
埼玉、港区、神奈川などご遠方より多数、お困りの症状がある方から現在の診療で不安を抱えた方まで診療頂いております。
来月は、9月15日(火)9:00~11:00の診療予定となっております。
初めての方も紹介状をお持ちの方もお電話でのご予約承ります。山岡先生の診療は、基本毎月第三火曜日を予定しております。
2015.08.02
8月2日(日)午前9:00-午後17:00 武蔵野市休日診療を行いました。
小さいお子さんからお年寄りまで、脱水症、夏かぜ、胃腸炎が流行っております。
手洗い、うがい、マスクに加え、経口補水液OS-1による水分・塩分補給による脱水・熱中症予防を徹底して下さい。
2015.07.25
もうすぐ8月となります。
今年の夏も猛暑となっており、熱中症が急増しております。
小さいお子さんやお年寄りだけでなく、お若い方々も十分な水分・塩分補給にて熱中症予防に努めて下さい。
効果的な水分・塩分補給には経口補水液OS-1が最適です。
詳しくは、環境省熱中症予防情報サイトをご確認ください。
2015.07.22
【山岡邦宏先生の診療】
7月21日9:00~11:00
特任客員医師 慶応義塾大学病院リウマチ内科准教授 山岡邦宏先生
当院での3回目の診療を頂きました。
来月は、8月11日(火)9:00~11:00の診療予定となっております。

初めての方も紹介状をお持ちの方もお電話でのご予約承ります。
山岡先生の診療は、基本毎月第三火曜日を予定しております。
2015.07.19
手足口病が流行、都内で警報基準を超えています。
夏季の小児の感染症(手足口病、ヘルパンギーナ及び咽頭結膜熱(プール熱))にご注意ください。手足口病の約94%は、6歳以下の小児となっています(うち半数以上が2歳以下)。ご家庭での手洗いの習慣づけを徹底して下さい。
2015.07.08
【武蔵野市休日診療のお知らせ】
8月2日(日)9:00~17:00
武蔵野市休日診療を行います。
お困りごとがある方は、お気軽にご相談ください。
2015.07.03
【夏季休診のお知らせ】
8月24日(月)~29日(土)まで休診とさせていただきます。
当院では、受付事務・看護師・薬剤師が正社員として多く働いております。
医療スタッフ全員に夏季リフレッシュ休暇を取らせて頂き、医療の質を落とすことなく引き続き診療していきたいと考えております。
ご迷惑をおかけして申し訳ございませんが、よろしくお願いいたします。
2015.06.26
もうすぐ7月となります。急激な暑い日が増えてきておりますので、小さいお子さんからお年寄りまで、十分な水分・塩分補給にて熱中症予防に努めて下さい。
詳しくは、環境省熱中症予防情報サイトをご確認ください。
2015.06.16
【山岡邦宏先生の診療】
9:00~11:00 特任客員医師 慶応義塾大学病院リウマチ内科准教授 山岡邦宏先生

EULAR (ヨーロッパリウマチ学会) ROMA 2015(6/10-/13)帰国直後にもかかわらず当院での診療を頂きました。診療の前後にEULAR ROMA 2015での最新トピックについてご教授頂き、大変勉強になりました。

来月は、7月21日(火)9:00~11:00の診療予定となっております。
お電話でのご予約承ります。
山岡先生の診療は、基本毎月第三火曜日を予定しております。
2015.06.06
【山岡邦宏先生の診療】
特任客員医師:慶応義塾大学病院リウマチ内科准教授 山岡邦宏先生今月は、6月16日(火)9:00~11:00の診療予定となっております。
はじめての方も、ご紹介状をお持ちの方も、お電話でのご予約承ります。
山岡先生の診療は、基本毎月第三火曜日を予定しております。
2015.05.26
6月より武蔵野市特定健康診査・後期高齢者医療健康診査・集合契約による特定健康診が始まります。当院でも実施可能ですので、お電話でのご予約承ります。
また、今年より胃がんハイリスク検査が追加されましたので、詳しくは武蔵野市役所にご確認ください。

[1] 特定健康診査
生活習慣病の早期発見、早期治療という目的のほかに、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に着目し、生活習慣病になる前に生活改善できるような情報提供や保健指導を行います。

●対象
以下の条件をいずれも満たすかた
1. 4月1日現在武蔵野市国民健康保険に加入しているかた、または4月2日から10月31日の間に加入手続をしたかたで、特定健康診査・特定保健指導実施時にも加入中のかた
2. 平成27年度中に40歳から75歳の年齢に達するかた

●内容
問診、身体計測(腹囲含む)、血圧、尿、血液、心電図、便潜血、胸部X線、上部消化管X線(65歳以上)、胃がんハイリスク検査(40・45・50・55・60・65・70・75歳のみ)などの各検査(65・70・75歳のかたは、上部消化管X線と胃がんハイリスク検査の併用はできません。)

●期間
誕生月が4月から7月のかたは6月から9月に受診できます
誕生月が8月から11月のかたは8月から11月に受診できます
誕生月が12月から3月のかたは10月から平成28年1月に受診できます

●お申込み
不要(対象者には個別に市から受診票等が送付されます。)
武蔵野市国民健康保険以外の医療保険(企業の健康保険組合、共済組合、協会けんぽ、業種ごとの国民健康保険など)ご加入のかたは、各医療保険にお問い合わせください。

[2] 後期高齢者医療健康診査
生活習慣病を早期発見、早期治療し、QOL(クオリティ オブ ライフ=生活の質)を維持するために健康診査を実施します。
●対象
後期高齢者医療制度に加入しているかた(平成27年度中に75歳に達するかたは、現在ご加入の医療保険が実施する特定健康診査を受けられます。)

●内容
問診、身体計測(腹囲含まず)、血圧、尿、血液、心電図、便潜血、胸部X線、上部消化管X線などの各検査

●期間
誕生月が4月から7月のかたは6月から9月に受診できます
誕生月が8月から11月のかたは8月から11月に受診できます
誕生月が12月から3月のかたは10月から平成28年1月に受診できます

●お申込み
不要(対象者には個別に市より受診票等が送付されます。)

[3] 集合契約による特定健康診査について
武蔵野市国民健康保険以外の医療保険加入者も、武蔵野市国民健康保険と同じ内容の特定健康診査を受けられる場合があります。
各医療保険者より送られる特定健康診査受診券の券面をご覧ください。
●対象
集合契約に参加する医療保険に加入している40歳以上の被保険者で、医療保険者より特定健康診査受診券の発行を受けたかたで受診券の「契約取りまとめ機関名」に「集合B」の記載があるかた

●内容
問診、身体計測(腹囲含む)、血圧、尿、血液、心電図、便潜血、胸部X線、上部消化管X線(65歳以上)などの各検査

●期間
各医療保険者が発行する受診券記載の有効期間内

●お申込み
平成27年5月1日金曜日から
受診券の契約取りまとめ機関名欄、又は直接各医療保険者に受診の可否を確認のうえ、電話又は直接健康課(保健センター内)窓口まで

●費用
各医療保険者が発行する受診券記載の自己負担額

[4] 胃がんハイリスク検査
●対象
1. 4月1日現在武蔵野市国民健康保険に加入しているかた、または4月2日から10月31日の間に加入手続きしたかた、後期高齢者医療制度に加入しているかた
2. 平成27度中に40・45・50・55・60・65・70・75歳に達するかた

●内容
ヘリコバクター・ピロリ抗体検査、血清ペプシノゲン値検査

●期間
誕生月が4月から7月のかたは6月から9月に受診できます
誕生月が8月から11月のかたは8月から11月に受診できます
誕生月が12月から3月のかたは10月から平成28年1月に受診できます

●お申込み
不要(特定健康診査受診者は、当院で受診票をお渡しします。)

●費用
500円(生活保護受給者は免除)ご負担となりますので、詳しくは武蔵野市役所にご確認ください。

●生活保護受給者の健診について
健康診査を受診するには申し込みが必要となります。申込みは生活福祉課(電話番号:0422-60-1848)へ

詳しくは武蔵野市ホームページをご確認ください。
2015.05.25
【リーダーズスタイル(Leaders style)】
各分野のリーダーの皆様それぞれのご経験、ご実績を通じて創造された価値観や思考を無限大の可能性をもった若者に発信することにより、社会を生き抜くヒント、1歩を踏み出すキッカケを提供し、応援するメディアである"リーダーズスタイル(Leaders style)"より当院が取材されました。
2015.05.20
Stop!! 関節破壊」を更新致しました。
2015.05.19
【山岡邦宏先生の診療】
9:00~11:00 特任客員医師:慶応義塾大学病院リウマチ内科准教授 山岡邦宏先生に当院での初回診療を頂きました。来月は、6月16日(火)9:00~11:00の診療予定となっております。お電話でのご予約承ります。
山岡先生の診療は、基本毎月第三火曜日を予定しております。

【大人(女性)の風しん抗体検査・予防接種(武蔵野市助成)】
当院では、大人の女性を対象とした風疹抗体検査&予防接種(武蔵野市助成)を承ります。
●期間:平成27年4月1日~平成28年3月31日
●対象
[抗体検査対象]
妊娠を予定または希望する19歳以上の女性
※検査結果がわかるまでに1週間前後かかります。

[予防接種対象]
妊娠を予定または希望する19歳以上の女性で風しん抗体価が不十分なかた
抗体価が不十分とは、風しん抗体検査 HI法で16倍以下、EIA法で陽性8.0未満の場合です。
※過去に2回以上風しんワクチン、または麻しん・風しん(MR)ワクチンを接種したかたは対象外となります。

●自己負担
抗体検査:無料
予防接種:4,000円(生活保護受給世帯は免除)

●抗体検査を希望のかた
住所のわかる身分証を持って直接、当院へ受診頂き、抗体検査の結果、抗体価が低かったかたは、当院で予防接種が可能です。

●予防接種のみ希望のかた
過去に自費や妊婦健診等で抗体検査を受けて抗体価が低いことがわかっているかたは、武蔵野市役所健康課へお申し込み後、予診票を受領し、当院へお越しください。
詳しくは武蔵野市ホームページをご確認ください。
2015.05.13
【Fine Doctor(ファインドクター)】
当院の医療理念をホームページで感銘したことからFine Doctor(ファインドクター)より取材を頂きました。
担当者取材コメントをご覧ください。
2015.05.08
某企業様より13名での企業健診を承りました。
今回、企業様のご要望で一般健診でさせて頂くことになりました。
一般健診・・・問診、診察、身長、体重、腹囲、視力、聴力、血液検査、検尿、心電図、胸部レントゲン
健診内容・費用については、ご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
2015.05.07
当クリニックが、2015-2016年頼れるドクター"武蔵野・多摩・八王子"に掲載されました。5/29(金)書店にて発売予定です。ご興味のある方は、ご一読ください。
2015.04.19
【特任客員医師:慶応義塾大学病院リウマチ内科准教授 山岡邦宏先生の診療日について】
山岡邦宏先生の診療日は、毎月 第3火曜日 9:00~11:00(予約制)に決定いたしました。
2015.04.01
【武蔵野市若年層健康診査】
4月1日(水)から武蔵野市若年層健康診査が始まりました。
お電話でのご予約を承ります。TEL:0422-31-1155
●対象:昭和51年4月1日から昭和61年3月31日生まれの武蔵野市市民
(平成27年度中に30歳から39歳になる武蔵野市市民で、勤務先等において他に受ける機会がない方)
●内容:問診、身体計測、血圧、尿、血液、胸部X線などの各検査
●実施期間:平成27年4月1日(水)から5月30日(土)まで
詳しくは武蔵野市ホームページをご確認ください。

【武蔵野市のこどもの予防接種】
当院では、武蔵野市のこどもの予防接種を実施しております。
詳しくは武蔵野市ホームページをご確認ください。
2015.03.30
【武蔵野Biologicsナースセミナーのご案内】
●開催日時:平成27年4月11日(土) 18:00~19:40
●場所:吉祥寺第一ホテル 7階 若草の間
●セミナー内容
・松井クリニック 院長 松井秀樹先生
・慶應義塾大学医学部リウマチ内科 准教授 山岡邦宏先生
・京都大学医学部付属病院免疫・膠原病内科 助教 湯川尚一郎先生
・東京医科大学八王子医療センターリウマチ性疾患治療センター リウマチケア看護師 布施由美先生
詳しくはこちらをご確認ください。
2015.03.20
【武蔵野市の健診】
当院では、武蔵野市の特定健診、後期高齢者医療健診、若年層健診を実施予定です。詳しくは武蔵野市ホームページをご確認ください。
●特定健診:6月~翌年1月まで(誕生日により)
●後期高齢者医療健診:6月~翌年1月まで(誕生日により)
●若年層健診:4月1日~5月30日まで

【武蔵野市のこどもの予防接種】
当院では、武蔵野市のこどもの予防接種を実施予定です。詳しくは武蔵野市ホームページをご確認ください。
2015.03.02
某企業様より15名での企業健診を承りました。
今回、企業様のご要望で胃がん検診(ABC分類)をお入れいたしました。
健診内容・費用については、ご相談に応じますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
2015.02.18
様々な方々から数多くのお花をお送り頂き、内覧会;2/9, 10, 11の3日間で305名の方々にお越し頂き、17名のご予約を頂きました。
数多くのお花とともに皆さまをお迎えする事が出来ました。お寒い中、誠にありがとうございました。

2/12~開院させて頂いており、リウマチ・膠原病疾患をはじめ、花粉症、感冒や生活習慣病など何かお困りごとがございましたら、お気軽にご相談ください。
2015.02.12
顧問:産業医科大学医学部第1内科学講座教授 田中良哉先生、特任客員医師:京都大学附属病院 免疫・膠原病内科 助教 湯川尚一郎先生をお迎えし、開院致しました。先生方の当院での診療日については、お知らせしていきます。
2015.02.01
ホームページを公開致しました。

当院について

診療時間 日・祝
9:00~13:00
14:00~18:00
  • 休診日:水曜日、日曜日、祝日
地図

〒180-0023
東京都武蔵野市境南町3-14-6
山桃ビル3F

TEL:0422-31-1155

詳しく見る

pagetop