当院の特徴

地域医療の限界を超えていきたい。

当院では、リウマチの名医による日本で最前線のリウマチ治療が可能です。

1.当院では、リウマチの名医による日本で最前線のリウマチ治療が可能です。

 患者様は地域のクリニックの診療方針に従って治療を受けられますが、その治療が本当に自分に合っているのかどうかは、セカンドオピニオンにて他院を受診して確認するしかありません。
 他院を受診するには、信頼している先生を疑う様な気もしますし、セカンドオピニオンするにしてもどこの医療機関に行ったら良いか分からないということもあるかと思います。

 その前提を踏まえた上で、当院では、福岡の産業医科大学医学部第一内科学講座 田中良哉教授、京都大学附属病院 免疫・膠原病内科 湯川尚一郎助教、慶応義塾大学病院リウマチ内科 山岡邦宏准教授をお迎えして、最前線のリウマチ治療をクリニックで受けられ、場合によっては、セカンドオピニオンも同じクリニックで受けることができるという、システムを構築しつつあります。

 湯川リウマチ内科クリニックは、地域のリウマチ治療のHUBとなり、リウマチで悩み、不安を抱えてらっしゃる方々にとって、湯川リウマチ内科クリニックを積極的に利用し、積極的に治療を行って欲しいと考えています。

 そのような夢を私は抱いております。
 医療でまず大切なことは、医療機関内での全スタッフによるチーム医療、そして、大学病院、総合病院、クリニックでの患者さんを中心とした地域医療連携であると思います。
 その前提を踏まえた上で、当院では、顧問先生として、福岡よりリウマチの権威であられる産業医科大学医学部第一内科学講座 田中良哉教授、特任客員医師として、京都より京都大学附属病院 免疫・膠原病内科 湯川尚一郎助教、信濃町より慶応義塾大学病院リウマチ内科 山岡邦宏准教授をお迎えしております。この福岡、京都、信濃町の大学病院で行われているリウマチの名医による診療をクリニックで行って頂けることは、地域医療の枠を超えた武蔵野・多摩地域にとって多大なる幸運であると私は考えます。リウマチ診療は、今も日進月歩で進んでおり、その先駆けをされてらっしゃる先生方に、クリニックで実臨床をして頂けることこそ、これまで前例のない新たな試みであり、リウマチで悩み、不安を抱えてらっしゃる方々にとって大変ありがたいことであると思います。

この試みにより、地域医療の限界を越えたい。
と私は真剣に思っております。

2.地域格差ゼロのリウマチ診療を目指します!

 リウマチ治療の地域格差をなくそうと本気で考えています。
 当院を受診されていらっしゃる患者様は、現在、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、山梨県、熊本県、からいらっしゃっています。
 また、全国にいらっしゃるリウマチでお悩みの患者様に対して、何か自分で出来ることが無いか、日々、考えております。

3.病診・診診連携を大切にしています!

 患者様は、住み慣れた地域で、ずっと通っていらっしゃるクリニックや病院があり、様々な病気や相談事を行っているかと思います。
 その中で、疾患ごとで、急にクリニックや病院を変えるというのは、非常に難しいと思っています。そこで、地域の病院様やクリニック様と密に連携を取り、日々患者様がより治療に専念しやすい方法を考えております。

■病診・診診連携MAP

診療理念

心を込めて科学的根拠(EBM)に基づいた診療を提供致します。自身の精神的・肉体的健康を維持し、皆さまの“希望”“笑顔”“無限の可能性”をお守りしたいというのが診療理念であります。

基本方針

1.地域医療に貢献します

地域医療の本質を理解し行動を起こしていきます。私どもの考える地域医療は、医師および医療従事者は、地域住民全体の幸福を常に考えながら医療活動を行うことと思っています。そのため予防活動は疾病の治療と同等に重視しています。セミナーやイベントは積極的に参加したり、主催していきます。

2.身体、精神、社会的側面から支援し、最良を目指します

身体だけ診ていても真の健康は得られないことを理解しています。私どもは限られた時間の中で身体面、精神面だけでなく、家庭生活面、社会生活面、教育面、経済面も加味した診療に努めます。

3.根拠に基づいたサービスを提供します

サービス提供は非常に大事だと思いますが、根拠をもったサービスを提供していきたいと思います。根拠をもったサービスは継続的に行えます。継続的に行なうことで、習慣化され、より患者さんにとって気持ちのよい診療を受けて頂きたく思っています。

4.積極的に情報を収集し発信します

現代医学は日進月歩です。また優劣問わず様々な情報が巷にあふれています。
そのため私たち専門職は情報に振り回されることなく、患者さんのためになる情報源を収集し、積極的に発信することで、いつまでも元気になっていただきたいと思っています。

当クリニックのロゴは、“無限の可能性”を意味するメビウスの輪が、円によって守られているイメージを基調にしています。メビウスの輪が皆さま、円が当クリニックで、無限の可能性を花言葉に持つレインボーローズ(虹色)を構成する青色、紫色、オレンジ色で構成されております。また、無限の可能性には、医学(特に、リウマチ・膠原病治療)への敬意が込められております。
その形は、”Y”を形成し、これはリウマチ患者さんに希望の光明となった生物学的製剤(抗体)の形状に類似し、はたまた”Y”ukawaの頭文字であるかもしれません。
湯川リウマチ内科クリニックは、皆さまの“希望”“笑顔”“無限の可能性”をお守りしたい、皆さまの虹のような存在になりたい、そんな願いを込めたシンボルマークです。

■専門医による安心の診療

リウマチの患者さんは全国で約80万人と言われ、かなりポピュラーな病気の一つですが、正確な情報が知れ渡っていない、誤解された病気でもあります。また、専門医に診てもらっていなかったため、関節破壊・変形が持続し、就労困難なだけでなく、日常生活動作の低下を余儀なくされてしまった方が大勢いらっしゃいます。近年、関節リウマチの診断・治療は飛躍的に進歩しています。新薬が続々と開発され、まさに「治る」ことが目指せる病気です。これらの薬は専門性が高く、正しい知識を持つリウマチ専門医医師とスタッフが必要とされます。当院では、最先端の生物学的製剤すべての投与を行えるシステムを準備しています。私は、日本で最も生物学的製剤投与症例数を誇る産業医科大学医学部第一内科学講座田中良哉教授のもとで国内留学させて頂いておりました。この貴重な経験をこれからの診療に最大限発揮したいと考えております。また、リウマチ・膠原病疾患は、全身疾患であり、幅広い内科知識を必要とします。総合内科専門医的視点から内科疾患全般の診療にも力を注ぎ、地域医療の一役を担います。風邪や発熱のほかに、高血圧、糖尿病、高コレステロール血症などの生活習慣病、いわゆるメタボリックシンドロームの原因になる病気の診断・治療・管理も行います。

■寛いでリラックスして頂ける診療空間

  • 1.受付

    当院ではクリニックでありながら空港ラウンジのような、寛(くつろ)いでリラックスして頂ける診療空間を提供させて頂いております。また、スタッフのみならず院長自ら接遇研修をうけて診療に御満足いただけるように努めております。

  • 2.待合

    空港ラウンジのような落ち着いた雰囲気の待合室。中央の大型モニターでは、皆様に有益な様々な情報をお届けさせて頂いております。

    何故空港ラウンジをイメージしたか?

    私は、高所恐怖症で、これまで幾度となく飛行機に乗らなければいけない機会がありました。その不安・緊張感を和らげてくれたのが、数回しか使用したことがりませんが、空港ラウンジという空間でありました。クリニックに受診される患者さんは、飛行機に乗る前の私と同じように不安・緊張感を抱え受診されると思います。その不安・緊張感を受付・待合空間が、少しでも和らげ、スタッフがCA、私がパイロットとして機能し、無事診療を終え、お帰り頂きたいという願いからです。

  • 3.診察室

    プライバシーを重視し、個室の診察室を2箇所用意しております。緊張しないで診察をお受け頂くために、落ち着いた雰囲気の診察室となっております。

  • 4.点滴室

    当院では、1~2ヵ月に1回の頻度で1~2時間施行される生物学的製剤の点滴を快適にお受け頂くために、モニター、スピーカーを備えた完全フラット可能なリクライニングチェアーを使用しております。
    点滴中定期的にバイタルチェックに参りますが、それ以外のお時間は、おやすみされたり、テレビをご覧頂いたり、ご自由にお過し下さい。

    『受付コンシェルジュ』について

    当院では、予約システムの代わりに『受付コンシェルジュ』がお電話にて対応をさせて頂いております。

    • ・遠方からご来院されていらっしゃる方
    • ・生物学的製剤の導入に時間がかかる方
    • ・検査に時間がかかる方
    • ・リウマチに合併した治療を行う方

    など様々な患者様にご来院頂いています。
    皆様がご来院された際に快適にお過ごしいただきます様、対応させていただいておりますので何卒、ご理解の程、宜しくお願い致します。

    『受付コンシェルジュ』の理念について

    当院では、クリニック版ギブハピネスを目指し、お電話での受付とさせ頂いています。最近、多く利用されている、インターネットの予約システムでは、予約の空数は表示されていますが、ご不安な方のご都合・ご希望日に添えないことが懸念されます。
    当院では、お電話での対応をさせて頂いておりますので、混雑してると想定される日には、あらかじめお伝えし、お待ち時間をご了承頂けましたら、極力患者さんのご希望・ご要望に添えるよう当院は一丸となって取り組んでおります。

    「患者さんのコンシェルジュでありたい。」

    もちろん、直接来院でも大丈夫ですし、当日に混雑状況のご確認をされてからご来院頂いても結構です。受付の時点から患者さんの不安を取れるような、そんなクリニックを目指しています。

    当院では、電子カルテをはじめ、すべての機器がペーパーレスで接続され、院内スタッフ間のものとして利用しています。
    患者さんとつながる部分である『受付コンシェルジュ』については、理念をもとに、初診の方のご予約、再診のご予約変更など、不安を抱かれた方にまずお電話対応にて、安心を提供したいと考えております。

5.院内の様子

お待ち頂く時間にクリスマスを感じて頂けるよう、院内にクリスマスの飾り付けを行いました。
院内のいろいろな箇所にクリスマスの飾りがありますので、探してみてください。

■充実した設備・検査機器

  • 採血/検尿一般、免疫学的検査

    お待ち頂く時間を短縮させて頂くため、当クリニックでは、採血後結果が出るまでお待ち頂くことはありません。主要な項目については、半日で結果が当クリニックに送られてきますので、必ず確認し、同意を頂けました患者さんへはメールやFaxで、コメントをお付けし、お送りするサービスをさせて頂いております。

  • 関節超音波検査

    わずかな関節炎を検出するには超音波検査が最適です。診察所見、採血結果、関節超音波所見を総合して関節リウマチの早期診断を行います。また、治療効果判定としても使用致します。

  • 骨密度測定装置

    リウマチ・膠原病の患者さんで頻度の高い骨粗鬆症に対応するため、骨密度測定装置を完備しております。

  • 受付ロゴマーク

    無限の可能性を意味するメビウスの輪をモチーフとしたロゴマークが3Dで皆さまをお迎え致します。光が当たるとどのようになるか是非ご覧ください。

  • 中待合室

    こちらで少々お待ち頂き、お名前が呼ばれたら診察室にお入りください。

  • レントゲン室

    診断に必要な関節レントゲンをはじめ、肺病変描出のための胸部レントゲンなどを院長自ら撮影させて頂きます。また、各種健診時の胸部レントゲンも撮影いたします。

  • パウダールーム

    パウダールームも患者さんにとって大切なスペースと当院では考えております。衛生面を重視し、センサーで洗剤、水が出てきます。使い心地をぜひお試しください。

  • アクアリウム

    アクアリウムには人を癒す力があります。クリニック内ではゆったりと癒しの時間をお過ごしください。毎月魚、風景が変わりますので、どうぞお楽しみにしていてください。

クレジットによるお支払い

UC、VISA、Mastercard、 JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club、DISCOVER、J-Debit、銀聯、iD、交通系電子マネーによるお支払いが可能です。

ご利用可能なクレジットカード

pagetop