骨粗しょう症

背中が曲がったり背が縮んだりする原因

背中が曲がる、背が縮む、腰が痛いなどの症状は単なる加齢のせいではないかもしれません。

「最近、背中が曲がってきた・・・」「背が縮んだ気がする・・・」「腰が痛い・・・」
でもそれは、歳をとったせい。そう思っていませんか?

これらの症状は、単なる加齢のせいではないかもしれません。
いくつか原因が考えられますが、大きな病気が隠れている可能性があるのです。
腰の痛みを感じる方もいますがそうでない場合もあるので、
気づかずに過ごしている方とても多いのです。

■背骨自体に原因がある場合
・骨粗しょう症による背骨の骨折(圧迫骨折)
・変形性脊椎症
・腰椎変形すべり症 など
■神経に原因がある場合
・脊柱管狭窄症 など
■筋肉に原因がある場合
・背中の筋肉の衰えにより背骨を支えきれなくなっている

骨粗しょう症は、骨がスカスカになる病気です。

健康な骨

骨粗しょう症の骨

骨がスカスカになると、荷物を持ち上げる、尻もちをつくなどちょっとしたことで背骨がつぶれてしまいます(背骨の骨折)。
これを読んでいるあなた、「転んだりしていないし、痛みはないから大丈夫。そんな大げさな病気じゃない」と思っていませんか?
骨粗しょう症によって骨がスカスカになると、自分の体重に背骨が耐え切れなくなって、気づかないうちに背骨がつぶれて「いつのまにか骨折」してしまうことがあります。

骨粗しょう症の治療~薬物治療~

骨粗しょう症が原因で骨折したり、骨の密度が基準値以下の場合、骨粗しょう症治療薬による治療が必要です。

【主な骨粗しょう症の薬】

薬剤分類名 特徴
骨が壊れるのを防ぐ薬(骨吸収抑制薬)
ビスホスホネート薬 骨を壊す細胞の働きを抑えて、骨を壊れにくくします。
選択的エストロゲン受容体
モジュレーター(SERM)
骨に対して女性ホルモンと同様に作用し、
骨のカルシウムが体内に溶け出すのを抑えます。
カルシトニン薬 痛みを和らげる作用と、骨のカルシウムが
体内に溶け出すのを抑える作用があります。
女性ホルモン薬 骨のカルシウムが体内に溶け出すのを抑える作用があります。
定期的な婦人科検診が必要です。
抗RANKLモノクローナル抗体 骨の成分を溶かす体内の働きを抑え、骨を壊れにくくします。
骨を作る薬(骨形成促進剤)
副甲状腺ホルモン薬 骨の新陳代謝を促し、新たな骨を作る作用があります。
そのほかの薬
カルシウム薬 骨量の減少を予防します。
カルシウム摂取量の少ない場合に投与します。
活性型ビタミンD3薬 腸からのカルシウム吸収を助け、骨を強くします。
ビタミンK2薬 骨が作られるのを助けます。

参考・改変:骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン作成委員会編:
骨粗鬆症の予防と治療ガイドライン2011年版、ライフサイエンス出版、2011より2014年6月現在

骨が壊れるのを防ぐ薬(骨吸収抑制剤)の働き

骨を作る薬(骨形成促進剤)の働き

参考:医療情報科学研究所編:病気がみえる<vol.3>糖尿病・代謝・内分泌、第3版、メディックメディア、2012より

骨折チェッカー

このチェックシートは簡単に自己判断を行うものですが、その結果を保証するものではありません。専門医を受診される際の参考情報としてご利用いただけますが、確定診断は専門医のもとで受けてください。

■以下のような症状がありますか?
  • 背中が曲がってきた
  • 身長が以前よりも2cm以上縮んだ
  • 洗濯物を高いところに干せなくなった
  • 高い棚に手が届かなくなった
  • 背中や腰に痛みがある
  • 歩きにくい
  • 転びやすい
■その症状はいつくらいから続いていますか?
  • 数年前から
  • 数ヵ月前から
  • 数週間前から
  • それよりも最近
■以前に骨折をしたことはありますか?
  • ある
  • ない

pagetop